ライフメイツ社労士事務所blog

日本帰国時の自動車運転免許証の書換え手続

車社会のオーストラリアでは多くの人が運転免許を持っていますが、今回は日本へ帰国(永住または長期滞在)する場合の免許証の書換え手続について紹介します。この書換え手続ですが、オーストラリアの運転免許保有者が、旅行や仕事で一時的に日本に滞在するために申請する国際免許証ではありませんのでご注意ください。

1.手続の概要

オーストラリアの運転免許証保有者が日本で日本の運転免許証に切り替えることができます。日本で新規に運転免許を取得するには試験(学科、実技)を受けて合格する必要があり、そのために多くの人が自動車教習所に通って試験のための学習を行ないますが、それが免除されます。一部の国の免許証については、切替えの際比較的容易な知識確認、技能確認といった手続きが必要となりますが、オーストラリアは免除されています。
尚切替えに際してはオーストラリアの運転免許を取得してから通算で最低3か月間オーストラリアに滞在していることが必要です。

2.手続方法

1)場所

手続は日本での居住地(居住予定地)の都道府県にある運転免許試験場で行ないます。たとえば東京都の場合、鮫洲(品川区)、府中(府中市)、江東(江東区)の3か所の試験場があります。(江東試験場は知識確認、技能確認の免除対象者のみ) この手続きについては申請者が多く混雑が予想されるため、忙しい人はあらかじめ受付時間などを確認した上で早め(午前中)に行くことをお勧めします。

2)提出書類

・有効なオーストラリアの運転免許証(2種類以上の免許を申請の場合はそれぞれ提出)
有効期限内の免許証でなければなりません。オーストラリア出国時には有効でも、日本での切替え手続き時に有効期限が過ぎていると手続できないので注意して下さい。切替え後、オーストラリアの運転免許証はそのまま保持できますので、有効期限内であればオーストラリア滞在時に運転が可能です。(制度改正されたり、他府県で取り扱いが変わるので要事前確認)

・免許証の日本語による翻訳文(次項「その他」参照)
翻訳分については翻訳者の制限があり日本自動車連盟(JAF)が作成したものでなければなりません。(駐日オーストラリア大使館で作成してもらうこともできるようですが、手続を考えるとあまり現実的ではありません)

・日本の運転免許証(現在及び過去に受けたことのある方)

・住民票(本籍記載のもの)

・オーストラリアで免許取得後3か月以上滞在したことを証明するもの(古いオーストラリアのパスポートなど)

・申請用写真(タテ3cm、ヨコ2.4cm。6か月以内に撮影したもの)
 申請種目が複数の場合は、種目数に応じた枚数が必要です

・手数料(東京都のケース)
   ・申請料(普通:2,550円/原付:1,500円/大型・中型・準中型:4,100円)
   ・交付手数料:2,050円

3.その他

・免許証の日本語による翻訳文について

最寄のJAFで作成します。(全国に支部あり。また郵送により手続も可能) 翻訳手数料として3,000円かかります。試験場での免許切替え手続きとは別の手続になりますので、試験場で書類審査が通らず日本の運転免許証が発行できなくても手数料は戻りません。

・以上は東京都の申請手続きとなります。他府県でも大体同じ手続ですが、手続に際しては事前に確認して下さい。