Dental Clinic @World Tower blog

オーストラリアの歯科事情と検診

オーストラリアでは、日本に比べて歯の治療が高く1本の虫歯を治療しただけで何百ドルも支払った、などという話は珍しいものではありません。むしろその通りです。
 
クリックすると元のサイズで表示します

オーストラリアで歯科治療を受ける場合はすべて自費で、しかも治療費は高額です。
そのため、大抵のオーストラリア人はプライベート保険に加入しています。

それでも保険会社や保険のプランは多種多様で
例えば、親知らずや神経治療などは補助金のおりる額が決まっていたり、年間で補助金がおりる上限が決まっているプランもあります。また、定期健診を受けていれば治療費も安く抑えられるというものが多くあります。

虫歯になってしまうと経済的に治療が難しい(痛みに比例して治療費も高くなっていく↑)ため、痛くなってから歯科医にかかるのではなく、ヘアサロンと同じような感覚で定期的に通って歯科検診を受けるのが普通になっているオーストラリア人。
デンタル・フロスも日常的に使用、さらにはほとんどの地域で水道水にフッ素が添加されているということもあり、歯の予防に対する意識が日本人より高いようです。
虫歯を放置すると身体まで影響が?!
虫歯を治療せずそのままにしておくと、口腔清掃が不十分になりプラーク量が増えていき、以下のような病気を引き起こす可能性があるそうです。
これは虫歯菌が原因ですが、口腔ケア(口腔清拭、洗口やブラッシング)を十分に行うとリスクが低くなるといわれています。
定期歯科検診
日本ヘルスケア歯科研究会運営委員会の歯科診療に関するアンケート調査報告の中でこんな質問・回答がありました。
クリックすると元のサイズで表示します
日本では、予防の為に歯科検診する方は少ないようです。
海外での虫歯治療は高いからと放っておくと、身体まで影響することがあります。
歯の診療システムは日本と大きな違いはありません。いきなり歯を削ったりせず、初診時にレントゲンを撮るなどして症状を診断し、治療に掛かる期間と費用を説明します。また治療は、段階的に選択肢が設けられており、患者さんに決定権がありますので、いきなり治療して治療費を請求するということはございませんので、ご安心ください!

当院ではは毎6ヶ月ごとに歯と歯茎の検診を受けられる事を推奨しており、歯科検診はマイクロスコープを使用し治療相談・治療プラン作製 口内デジタル写真撮影 を行います。
肉眼の何十倍もの倍率で見え、CTでも見えないような細かい箇所も見ることができるマイクロスコープは、問題の早期発見や診断の精度を高めます


検診とクリーニング等のパッケージもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい!