Dental Clinic @World Tower blog

歯科用マイクロスコープが歯の寿命を延ばす!

肉眼では見えない部分まで確認し、治療を行うことができる歯科用マイクロスコープ
当院ではあらゆる分野にマイクロスコープ治療を応用しています。




【歯科用マイクロスコープとは?】

歯科用マイクロスコープは眼科や脳神経外科などの手術で使われていた手術用顕微鏡を歯科用にしたものです。(実は歯の治療も肉眼では見えない歯の神経や虫歯の治療が多いのです)
歯科でのマイクロスコープの普及率はまだまだ少なく、日本では5%もないそうです。

歯科用マイクロスコープを使うことによって得られる利点 

歯科医の勘や経験ではなく見て治療をする
今までの歯の治療は直接見ることができない部分もあるため、歯科医の勘や経験で治療を行っている部分もあります。
しかし、歯の形は複雑で決して勘で治療できるものではありません。
歯科用マイクロスコープは今まで肉眼では見ることができなかった部分まで、確認しながら治療ができるために治療の成功率が上がり、歯の寿命を延ばすことができます。
余分な歯を削らずに済む
マイクロスコープで治療を行うと歯を削らなくてはいけない部分と、削ってはいけない部分を正確に確認することができます。
そのため通常より歯を削りすぎず、歯の寿命を延ばすことができます。
高精度な治療ができる
マイクロスコープは肉眼の20倍もの拡大率で治療ができます。そのため被せ物などの精度も高められます。
       (↓拡大された歯です)
治療前治療後を写真などで確認できる
当院のマイクロスコープにはカメラがが付いていおり、歯の治療前、治療後を確認することができます。
現在どのような状態で治療をし、治療後どのような状態になったのかをその場ですぐに写真などで確認することができます。


など、高度な治療、歯の寿命を延ばす為には欠かせません!


ちなみにこちらはマイクロスコープが出る前に使われて来たルーフめがねです.
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ルーフめがねは電子マイクロスコープに比べて拡大倍率がひどく落ちて物体が暗く見えるので多くの歯科医たちに頭痛を起こす問題点があって来ました.しかしマイクロスコープが高い装備だからまだ多い歯科医たちが性能が落ちるルーフめがねを使っている現実です.

是非当院でマイクロスコープを使った高度治療を体験してみて下さい!