Dental Clinic @World Tower blog

80%以上も?!日本人のひとつの国民病の歯周病について

お久しぶりです!あさこです!

今日は歯周病について書きたいと思います。

歯周病はなんと80%以上の日本人の成人の方たちがわずらっており、国民病だとか!恐ろしいですね。

歯周病という言葉よくテレビや宣伝等で耳にしますが、一体どういったものなのか、症状、またどうすれば予防、そして治療できるのか、簡潔に説明したいと思います。

歯周病は歯の周りの骨が溶け、最終的には歯が抜けてしまう病気のことを言います。

そしてこの歯周病はあまり症状がないままに病状がどんどん進行してしまう病気でもあるので要注意です。

主な症状

-歯茎が赤く腫れる
-歯茎から血が出る
-歯石が付く
-歯茎が下がる
-歯がしみる
-歯茎から膿が出る
-口臭がする
-歯茎が腫れて痛くなる
-歯が揺れる
-噛むと痛い
-歯が抜ける

などなど思い当たる方いらっしゃいませんか?


ではどうすれば?

歯周病治療の90%はプラークコントロールです。毎日のフロス、歯磨き、定期的な歯石除去、歯の清掃等を完璧にすれば予防そして改善が出来ます。

きちんと毎日フロスをしていますか?すこしめんどくさいかも知れませんが、夜だけでも毎日するだけでかなり変わるので、おすすめ致します。

定期的な歯石除去等いかれてない方、ひどくなる前に早めの対策そして予防をお勧めします。
いつまでも健康な自分の歯で食べ物が食べることが出来ますよ!